吉田 昂生

専門技術をもって営業をサポート

 

 

産業装置営業技術

2007年度入社

私の所属している営業技術チームは、営業の技術サポートを行う部署です。具体的な業務としては、ショールームでの装置デモンストレーションの実施や、お客様に合ったチップマウンタやオプションの提案等を行います。また、展示会の準備やアテンド、お客様の工場での生産立ち上げ支援も営業技術チームの仕事です。

 

装置デモンストレーションは購入を検討されているお客様に商品をご紹介する業務ですが、入社して最初に関わった仕事がこの装置デモンストレーションでした。その後、ソリューションチームで顧客工場での生産改善提案を担当しました。これは「お客様の工場の場合、こういった運用をすると生産性が上がります」といったご提案をするなど、メーカーの強みを生かし、生産改善提案を行うものです。

 

現在の私の主な業務は、入社時にも担当していたデモンストレーションのほか、チップマウンタの生産能力シミュレーションや実機を使った確認試験実験などが中心です。実機を使った確認試験では、お客様の生産に最適な生産条件を確認し、レポートにして提出しています。お客様の数だけパターンがあるので、画一的な提案をしていてもベストな運用方法にはなりません。そこで営業技術チームが専門の技術と知識を活用し、シミュレーションや試験を行うわけです。お客様とのやりとりは営業を介するのが基本ですが、技術的な話になると直接やりとりする機会が増えます。

また、工場の生産立ち上げ支援も行っていますが、これは現場改善に関わる仕事なので、ソリューションチームで担当していた仕事と似ています。 

スペックで表せない部分にJUKIの強みがある

 

今の仕事の面白みを感じるのは、スペックで表せない部分をお客様に説明し、JUKIの強みをわかって頂けた時です。当社の産業装置は非常に品質を重視しており、可視化できない部分にも自信を持っています。ところが品質というのはスペックでは表現しにくい部分でもあります。

 

車に例えると、時速何キロ出て燃費はこれくらいといった性能はスペックとして表記され、誰もが一目で理解できます。けれど運転席周りのスイッチの配置が使いやすいとか、長時間運転していても疲れにくいといった部分は、乗って初めて実感できることでしょう。JUKIの品質のよさを、今までの仕事で培ってきた知識などでお客様に理解していただくことは大きなやりがいですし、ちゃんと伝わったときの喜びも大きいものです。

 

確認試験でマウンタ本体を操作したり、ソリューション活動でお客様の現場の状況を知ったことで、自分自身の視野も広がり、より総合的なご提案ができるようにもなりました。 

どこまでできるかを見極めるさじ加減も大事

 

私は高専で機械工学を学びました。卒業後の進路としては設計かメンテナンスに進むのが一般的なのですが、自分にはどちらもあまり向いていないのではと感じていました。そこで興味を抱いたのが営業技術という仕事でした。お客様と接する機会もありつつ、専門的な技術も求められる点が良いなと思ったのです。営業技術を募集していたJUKIならば、高専で機械工学を学んだ知識も生かせるのではと思い入社しました。

 

入社したての頃は、自分で「営業」と名のつく職種を選んだとはいえ、お客様とあまりスムーズに話をすることができず悩んだこともありました。けれど次第にお客様との関係はバランスが大事なのだと思うようになり、じきに迷いもなくなりました。

バランスというのは、距離感という言葉に言い換えることもできます。親しさが行き過ぎてもいけないし、かといってお客様のイレギュラーな要望を「それはできません」とそっけなく返すのも誠意に欠ける。お客様のためにどこまでできるかを見極める、そのさじ加減も大事だと思います。

 

会社訪問でJUKIを訪れた時、「なんだかいい人が多そうだなあ」という非常に漠然とした印象を受けたことをよく覚えています(笑)。でもそういう直感的なものは、会社選びの際に意外と大事かもしれません。実際、私はこの会社に入って毎日充実していますし、今の仕事をさらに極めたいという目標も持っています。物事を広い視野でとらえることができ、理論的に考えられる後輩と一緒に仕事ができたらうれしいですね。
 

 

 

(2013年9月) 

 

 

 

 

 JUKIの仕事

↑ このページの先頭へ