柳沢 理人

研究に専念できる部署で自分の可能性を試す

 

 

技術開発(メカ担当)

2007年度入社

私の所属する技術開発部は、工業用ミシンとチップマウンタの2つの事業の区別なく、製品開発の先行技術開発を行っています。まだ技術が確立できておらず、すぐに製品化するにはリスクの大きい技術や機構などの技術開発を行い、製品に搭載できるかどうかを評価することが主な業務です。ここで先行技術開発を重ね、製品に搭載出来そうだという結果を得られると、各事業の開発部門が製品化に向けて開発を進めていきます。

 

現在はミシンの機能拡張を技術開発するグループに所属し、既に発売されている工業用ミシンに新たな機構を搭載しての性能評価を行っています。

業務の流れとしては、まずCADでモデリングを行い、図面を描いて、実際に部品を試作します。出来上がった試作品を自分で組み上げ、調整をして動かせるようにした後、性能評価を行います。

技術開発のおもしろさは、その自由度の大きさにあると思います。私の場合、自分のアイデアを盛り込んで設計できるところが多くあって楽しいですね。また、自分で設計したものが期待したとおりに動いてくれた時のうれしさも魅力の一つです。

実際には、試作機が一回でうまく動作してくれることはほとんど無く、何度も修正したり試行錯誤を繰り返して作り込んでいくので、うまくいった時の達成感は大きいです。

 

入社以来ずっと先行技術開発に携わってきましたが、1年間工業用ミシンの開発部で働く機会がありました。先行技術開発によって確立された技術は、この開発部で工業用ミシンに組み込まれて実用化されるんです。

この開発部での経験は、元の技術開発部に戻ってからも役に立ちましたね。自分の仕事の先には開発部があり、さらにその先にはお客様がいるということを強く意識できるようになりました。

 

 

JUKIのことを知れば知るほど興味が湧いた

 

JUKIを知ったきっかけは、大学の研究室の教授に「工業用ミシンの実績があり会社の雰囲気もいい」とすすめられたことでした。それまでは名前を聞いたことがなく、JUKIという社名を聞いたときはその響きから「ショベルカーとか作ってる会社かな」と思ったくらいです(笑)。工業用ミシンを作っていると知ったときも、「ミシンかあ、なんか地味だな」という印象がありました。

 

ところが会社のことを調べていくうちに、JUKIの工業用ミシンには非常に高度な技術力、開発力が必要なことや、その技術をベースに展開したチップマウンタがあることを知り、ぐっと興味が湧きました。高い技術力のある会社で、機械の設計や開発をするような仕事に就きたいと思っていた私にとっては最適の会社で、興味から働きたいという強い意志に変わるのに時間は要しませんでした。 

手厚いサポート体制と頼れる先輩社員

 

学生から社会人になり右も左もわからない世界に飛び込むのだから、すごくきつい毎日なんだろうなと構えていたのですが、入社後は先輩たちが一から丁寧に教えてくれ、いつのまにかその不安は解消されていました。また、入社直後の半年間に行われた大田原や秋田での工場研修では、生産現場の多くの工程を実際に体験することができ、非常にいい経験になりました。やはり机上だけでなく現場で学ぶというのはとても大切なことだと感じました。

 

それにJUKIでは、入社したての若い社員の意見にもちゃんと耳を傾けてくれ、いいと思えばちゃんと取り入れてくれる懐の深さもあります。私も後輩にはそういう先輩でありたいと思います。

 

現在の仕事には知恵やアイデア、思考力が求められます。柔軟な発想を生む土台には、ミシンに対するしっかりとした知識が不可欠です。ですからこれからもミシンについては、さらに多くのことを勉強していこうと考えています。今、手がけている技術開発は始まって間もないので、まずはこれがものになるようやり遂げることが当面の目標です。最終的にはそれが製品化されることを目標にし、日々取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

(2013年3月) 

 

 

 

 JUKIの仕事

↑ このページの先頭へ