高橋 大輔

入社したての頃は勢い、今は経験を生かし日々改善

 

産業装置開発(エレキ担当)

2001年度入社

現在は産業装置(チップマウンタ)の開発部で電気及び電子回路の開発、設計を担当しています。

 

JUKIの場合、開発として採用されたからといって開発のみを担当するわけではなく、設計から試作、評価まですべてをこなします。ほかの会社に就職した友人は設計だけを担当しているそうで、そのスタイルがおそらく一般的なのではないかと思います。評価にしても、他社ではアプリケーションエンジニアが担当する場合は多いのですが、JUKIではこれも開発の仕事。

 

自分の設計したものが世に出るまでずっと携われるというのは、他社では経験できないことだと思います。それが世に出たときお客様が喜んでくれるのを見たときの達成感、あれこそものづくりの真髄だと思います。今までの苦労も報われます。

 

一生懸命やろうという気持ちは入社以来変わりませんが、業務内容はどんどん深くなり責任も重くなります。最初の1~2年は右も左もわからないので先輩を頼りつつ、勢いだけで突き進んでいましたが、いつまでも勢いだけでは成長がありません。今は常に自分のやっていたことに対して振り返り「こうしたほうがもっと期間を短くできるだろう」とか「こんな装置をつけたほうがいい」など、改善点を見出し、よりよくしようと常に思っているところが新卒の頃とは違います。
 

技術力以上に大事なのがコミュニケーション能力

 

私は開発が何でもこなすJUKIのスタイルが合っていたので、高いモチベーションをもって仕事ができています。ものづくりという点において部分的な担当者ではなくプロデューサーになれるのがJUKIの開発のいいところだと思います。

 

そういう仕事の仕方に魅力を感じる人にとっては、JUKIはとても働きやすい環境に思えるでしょう。もしもより部分的かつ専門的に好きな分野を極めるほうが性に合っているという人は、開発ではなく研究の部署が向いているかもしれませんね。

 

会社では技術力が当然求められますが、それと同じくらい大事なことはコミュニケーション能力です。仕事におけるコミュニケーション不足は業務に支障をきたします。もちろん先輩たちからの歩み寄りも非常に大切ですが、後輩も仕事でわからない部分を誰に尋ねることもなくわからないまま進めてしまうようなことがあってはなりません。先輩たちの知識は自分にとって宝の山だくらいのつもりで、積極的にどんどん質問してきてほしいですね。実際、私も新卒時代に先輩を頼っていたこともあり、聞かれて嫌な顔する先輩は一人もいませんよ。
 

研究に没頭していたため就職活動は遅めだった

 

私が就職活動をしていた時期は非常に就職難の時代で、内定をもらうのにみんな苦労していました。友人が「30社受けたけど1社も受かってない」と嘆いているのを聞いて、これはまずいと慌てて企業を検索したのを思い出します。それまでは就職難だということはわかっていたものの研究のほうに夢中になっていました。昔から、何かに没頭しすぎてしまう傾向があったんです。

 

就職活動をしていた当時は、正直JUKIという会社のことは知らなかったし、工業用ミシンと言われても家庭用ミシンとどう違うのかとピンときませんでしたが、調べれば調べるほど工業用ミシンの奥の深さ、チップマウンタの素早い制御など興味が湧く内容ばかり。

最終的には幾つか内定を頂いたものの迷わずJUKIを選びました。理由は、JUKIでは開発の仕事の幅が広いこと、そしてなによりもJUKIの人に親近感を抱いていたからです。私は幸いJUKIに巡り合うことができましたが、「ここで働きたい」と思える会社を見つけるのはなかなか難しいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

(2013年7月) 

 

 

 

 JUKIの仕事

↑ このページの先頭へ