働きやすい環境

数値で見るJUKIの働きやすい環境

JUKIは創業以来、新たな価値を生み出し会社を支えてくれる社員を大切に考えてきた企業です。

当社では「企業は人なり」を真剣に考え、社員が存分に力を発揮できるように環境を整え、サポートしています。
(2016年12月現在)

入社3年以内の定着率   100%
平均勤続年数       20.2年
従業員平均年齢      44.7歳

 

社内の様子をご紹介します

 ≪本社(東京)≫

JUKI本社は、2009年12月に現在の多摩市鶴牧に移転してきました。

技術開発部門や工業用ミシン・チップマウンタの開発部門、事務営業部門の社員など約570名の従業員が働いています。

 

     
 

社内のミーティングスペースでの1コマ。

各職場に併設されていて、ちょっとした会議や打ち合わせに使用されています。

 

技術開発部門の若手社員たち。

よく使う資料はデスクのそばに置いてあるので、気になったときはすぐに確認しています。

 

 

デザイン部門の職場風景。
CADを使って工業用ミシンのデザイン検討をしています。

     
  産業装置営業部門にて。

仕事中に少しでも困ったことや疑問があったら、すぐ上司に報告します。こまめな「報・連・相」がいい仕事のカギ!

 

JUKIのミシンでのエコバッグづくり。 
新入社員研修で、初めての工業用ミシンに悪戦苦闘しながらも、お気に入りのマイバッグができました。

 

屋上のルーフガーデン。
ちょっとした憩いのスペースで、おしゃべりに花が咲いています。

 

     
 

「今日のランチは何にしようかなー」
食堂の入り口には見本のメニューが並んでいます。定食、カレー、麺類、ヘルシープレートランチなど。職場に持ち帰って食べられるお弁当もオススメ。

  お昼の社員食堂。
違う職場の人たちとも気軽に話ができます。社長を始め役員も社員と一緒に食べています。

 

  食堂のとなりにある自動販売機コーナー。
飲み物のほかにお菓子も少し揃っています。 
 
     
 

ミシンのショールーム。
様々な種類の工業用ミシンと家庭用ミシンを展示しています。工業用ミシンは常に50種類以上が展示され、多種多様な縫いの工程を見ることができます。

 

産業装置のショールーム。
高速かつ高精度で基板に電子部品が搭載される様子をデモンストレーションでご覧いただけます。

 

環境に配慮した本社ビル。
多摩の豊かな自然に囲まれた快適な環境で仕事ができます。たまにタヌキに出会えるかも?
 

 

≪大田原事業所(栃木)≫

栃木県大田原市にある大田原事業所は、工業用ミシンの製造部門や生産企画部門、生産技術や開発等のものづくり技術部門があります。
研修やレクリエーションのための施設もそろっています。
年間行事もたくさん催されていて、温かくアットホームな雰囲気も特長のひとつです。

 

     
 

ものづくり技術部門の設計者。

回路図設計に真剣に取り組んでいます。

 

ものづくり技術部門のミーティングスペース。
工場の見取り図や設備の設計図を広げながら話ができます。

 

  大田原の総務部門。
オフィスワークのほかにも製造現場に応援に入ることもあり、多能工化を進めています。
     
  新入社員の工場実習。
工業用ミシンの部品組み立てを行っています。実習中は、スピードよりも安全と品質が最優先。丁寧な仕事を心がけています。
  午前10時と午後3時の休憩時間。
休憩スペースでくつろぎ、リフレッシュしています。
 

食堂の風景。
一番人気のメニューは、ちょっと辛めのカレーだそうです。

     
  構内にある那須研修センター。
宿泊施設と研修施設を備えていて、社員から外国のお客様まで利用できます。
  那須研修センターの室内。
新入社員の工場実習は、こちらに長期滞在します。ビジネスホテルよりも豪華で帰りたくなくなるくらい快適です。
 

構内にある体育館。
お昼休み、社員がバレーボールを楽しんでいました。

     
 

お昼休みのグラウンド。
JUKI野球部は栃木県内ベスト4常連の強豪チームです!試合前は仕事にも気合が入る?

  季節の移り変わりを眺めながらのウォーキング。広い構内には緑もたくさん。全長2kmを自分のペースで楽しめます。   梅林に囲まれた大田原事業所。
自然の樹木や野鳥類が多く生息していることを活かして、理想的な公園工場を目指しています。
 

 

 

 

 

 

 

 JUKIの仕事

↑ このページの先頭へ