昆野 太一

広く深く開発に関われることが魅力

 

縫製機器開発(エレキ担当)

2008年度入社

私は縫製機器開発部で電気設計に携わっています。中心業務となっているのは、新機種や既存機種の性能改善に関わる設計業務です。 

 

担当する機種も様々ですが、例えばモータなど動力部分の評価1つとっても、用途に応じて回路構成やミシンの動作も異なりますので、機械的な動作や、それを制御するソフトの理解も必要です。業務によってはコスト削減や生産効率の向上などに関係することも多く、製品がどのように生産されているかを知り、設計と製造のつながりを理解することも業務を進める上では大切になります。

 

電気設計と聞いてどんな仕事内容を思い浮かべるでしょうか?設計室で図面を描いたり、実験室で何らかの評価をしているイメージでしょうか?実際にはこれ以外にも電気を起点に他部署と打ち合わせを行い、時には製造現場や実際に使って頂いているお客様の所まで話を伺いに行く、というように多岐にわたります。 

 

JUKIでは製品の製造から販売後のメンテナンスまで広く深く関わることができるため、携わる技術の範囲を広げることも、ある特定の分野の理解を深めることも、その両方ができる開発環境があると感じています。すべての仕事を一人前にこなせるようになるのはまだまだ先になりそうですが、その時々で新しい知識を吸収しながら業務を進めています。

自分の目で見て話を聞いて、ここで働きたいと思った

 

就職活動中は数十社の会社説明会に参加しました。設計者の方から直に「開発はどのように進められているのか」「自分の学科や専攻以外の分野との関わりはあるか」などを伺い、実際の仕事現場のイメージを描けるようにしていました。そうして何社も自分の目で確かめていくうちに、あやふやだった仕事への希望や仕事のスタイルがより具体的になりました。 

 

そして自身の希望に合う会社を探した中で「ここで働きたい」と感じたのがJUKIでした。機械、電気、ソフトの3つの分野が連携し合って製品を作り込んでいく開発の様子が、私にとって理想的でした。JUKIを含めた多くの企業では技術系は機械、電気、ソフトと職種を分けて採用しています。そんな企業の中にあって、JUKIは職種を越えた人同士の横のつながりが強い印象でした。多くの会社を見ず、現場の人の声を聞かないままでは、本当にこの会社でいいのだろうかと不安を抱きながらの就職活動になっていたと思います。 

 

ミシンと聞くと家庭科で習った事がある程度の印象でしたから、説明会で見学したJUKIミシンの中にはロボットのようなミシンもあり、家庭用と工業用との違いに驚いたことを覚えています。入社後は、新人教育や工場実習の中でミシンに触れ、生産現場を肌で感じることができます。その経験は仕事の中に活きており、今では工業用ミシンの奥深さにハマっています(笑)

就職して一変する環境の変化、許容できる範囲を見極めて

 

就職することによってそれまでの生活が一変するため、自分がどの程度の変化まで受け入れられるかという見極めは必要だと思います。私の場合、製品開発ができること、職場の雰囲気が合っていることをポイントにして就職活動をしていましたが、他にもデジカメや携帯電話のような短い期間でモデルチェンジがある開発サイクルではなく、じっくりと開発に取り組めること等、振り返ってみるといろいろな希望を持っていました。それに、JUKIを知るまではミシンを作る会社で働くことになるとは思っていませんでした。

 

普段何気なく着ている服を縫うためのミシンですが、その縫い目を作る動作には直線的なものからポケットやボタン付けまで様々で、各ミシン1つ1つの動作は複雑であり、設計した通りの動作を実現するには電気だけでなく機械やソフトの知識も欠かせません。JUKIの開発であれば製品の動作全体を見ながら設計ができ、そのような環境であれば製品開発に深く関われると思いました。また、入社後に分かることではありますが、職場の雰囲気も良く、説明会や見学会などで感じた印象は今も変わっていません。 

 

会社を探す以前に、まずは自分を知る。それが「ここに入ってよかった」という会社と出会うための第一歩かもしれません。 

 

 

 

 

(2013年12月) 

 

 

 

 JUKIの仕事

↑ このページの先頭へ